婚約指輪とは

婚約指輪とはエンゲージリングとも言われ、結婚の証として男性から女性に贈る指輪です。この習慣は日本のものではなく、欧米諸国から伝わったもので、古代ローマ時代から続く習慣となっています。婚約指輪の丸い輪はとぎれることがないということから、魔を防ぐとも言われていて、男性からの保護を意味するという意味にもとれますし、男性の永遠に変わらない愛の形ととっても良いでしょう。

イギリスの風習では、婚約指輪を贈られたら、まず右手にはめ、結婚式当日に左手にはめ直したそうです。16世紀のエリザベス1世の時代ですが、こういったことからその当時は婚約指輪と結婚指輪が同じものだったと言うことがわかります。誕生石(ダイヤ、サファイア、ルビー、エメラルド等)を贈るといった習慣は古くからありました。これは誕生石を贈ると魔除けになり、それがやがて幸運をもたらすといったヨーロッパの伝説に基づいたものです。

日本においてはダイヤモンドを主としたデザインの婚約指輪が主流になっています。ダイヤモンドをデザインした指輪は日本では人気が高い上に、その硬さと透明度が愛の固さ、美しさを物語っているかのようです。当サイトは、こういった婚約指輪の情報をお届けいたします。デザインの流行、売れ筋のデザイン、どんなところで買うかについて、ご説明致しますので、ご婚約が決まったと言うおめでたい方、婚約指輪にご興味おありの方。ご参考になさってください。当サイトは皆様のお幸せを願っております。